>  > 【ナガイレーベン】CA-1752【看護衣 チュニック レディース】

【ナガイレーベン】CA-1752【看護衣 チュニック 正絹振袖フルセット レディース】 SHOP

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
クァル・アヴェリの戦いとは、ラドリザン1256年、4周期25日目~5周期11日目に渡って行われた戦いであり 星 スター レディースリング サファイア プラチナ 華奢 V字 イヤリング シルバー wacca ストーン付き リボンデザインフープシルバーイヤークリップ(シルバー×ジルコニア ピンクゴールドコート×ピンクジルコニア)PNKE10RH PC、 M's collection nex'【エムズコレクション】 ブラックキュービック シルバー ネックレス チェーン付き シルバーアクセサリー シルバー925 X0210BLCZラグライナ帝国が、ガルデス共和国軍の要所クァル・アヴェリを攻め落とした都市攻略戦である。

戦闘に至るまでの背景

フェルグリアの戦い、そして第3次モンレッドの戦いに勝利したラグライナ帝国軍は、ガルデス共和国軍首都ガイ・アヴェリを攻め落とすべく進軍、その際、これまでは要所ということで避けられていた、首都に続くもう1本の道クァル・アヴェリ攻略を実行した。
これは、2本の道を完全制覇することで、心理的にも物資的にもプレッシャーを与える為であった。また、モンレッドの戦いで勝利した今なら 【送料無料】【鑑別書付】プラチナPT950 天然ダイヤリング 指輪 ダイヤ0.05ct ピンクダイヤ0.01ct 10号 V字モチーフ【同梱・代引不可】、兵力的にもこれまでの様な「難攻不落」を誇れないだろうという思案もあった。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

ラグライナ帝国軍
軍勢
ガルデス共和国国軍
総兵力75000 兵力 総兵力30000
セルレディカ(後述) 総指揮 ゲイル
エル 軍師
主要参戦者

セルレディカ

エル

ベルンハルト

ユウ

アリス

ミズハ

カオス

キロール

リナ

ゲイル

バーネット

オーディス

キリカ

アリサ

ミナ

ネル

ラビー


戦闘経緯
この戦いは、正面から行われた要塞攻めの他に、謀略戦が数多く展開された。
この時点で既にガルデス共和国の未来を見切り、ラグライナ帝国と密かに繋ぎを求める共和国議員が少なからず存在し、それらはエルの手駒として利用されていた。
そして 、エルは、ラヴェリアに、モンレッドの健闘を讃えると称して剣を贈ると、今度は内通していた議員を使い、「ラヴェリアがラグライナ帝国から金品を受け取っている、反乱の疑いあり」として、

【ナガイレーベン】CA-1752【看護衣 チュニック レディース】

商品説明
素材ポリエステル75% 綿25%
カラーホワイト ピンク ブルー グレー
注意画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。

掲載中の商品はメーカー発注商品を多数含んでおります。お申し込みの商品が、「生産未定、中止品、メーカー在庫切れ」等で入荷予定がない際にキャンセルとさせていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。

サイズ
着丈 胸囲 ユキ半袖
62 101 43.5
64 105 45
66 109 46.5
LL 66 115 47.5
EL 66 121 48.5

、彼を査問委員会の名の下に首都に招聘させた。

ラヴェリアは Keen キーン Womens ミュール Presidio II Mule Black/Steel Grey ナチュラルソウル フラットシューズ 靴 レディース【Natural Soul Gracee Loafer】Brown Croco Syntheti、これを策略と判りながらも、逆に内通派議員を一掃するべく首都へ向かった。また、クァル・アヴェリの難攻不落ぶりを知っていた為、自分がここを離れても大丈夫だろうという楽観的な考えもそこにはあった。

しかし、ラグライナ帝国軍は、力攻めと平行して、露骨過ぎるまでに謀略戦を展開した。
その背後には、ある事情があった。
これは、戦後になってから明らかにされたことであり、戦っていた彼らはまったく知らないことであったが、この戦いの直前、皇帝セルレディカが突然吐血したのだ。
皇帝の病が知られれば、敵味方の士気は逆転する。帝国将軍達は、セルレディカ不在を敵味方から隠し、なんとしても短期のうちにこの要害を落とさなければならず、強引な力攻めと、露骨なまでの謀略戦を同時進行でおこなった。

その結果、エルは、かねてより目をつけていたミズハの内応に成功。
ミズハはクァル・アヴェリ内に様々な噂を流し、共和国軍の士気を落とさせた。

これ以上の防衛は不可能と考えた共和国軍は、5周期10日目の夜、撤退を決意。
翌日の明け方、キロール部隊が南門より帝国軍に向かって進軍、その隙に北門から全軍が撤退した。
これにより共和国軍はかろうじて全滅は免れたが、共和国随一の将であるキロールは、捕虜となり、帝都にて処刑された。

戦いの結末
モンレッドに続いてクァル・アヴェリまで失ったガルデス共和国であったが、ラグライナ帝国も密かに皇帝セルレディカを帝都に送り、「皇帝陛下は一足先に凱旋」と、その病をごまかした。
遠征総指揮官はエルが授かり、

【ナガイレーベン】CA-1752【看護衣 チュニック レディース】

、共和国首都ガイ・アヴェリへの進軍がはじまることとなる。

{yahoojp} {www21.atwiki.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-53683